マカオ・フィッシャーマンズワーフは、巨大なテーマパーク!

旅について
スポンサーリンク

マカオと言えば、カジノをイメージする人が多いと思いますが、

豪華なカジノの他にも楽しいものがたくさん有ります。

ここでは、大人も子供もワクワクするテーマパークとして定着した、

『フィッシャーマンズワーフ』を紹介します。

マカオ・フィッシャーマンズワーフは、東京ドーム3個分の広さ!?

カジノ王、スタンレーホー氏が、総面積133,000平方メートルという広大な土地に20億香港ドルという巨費を投じて建設した総合レジャー設備です。

敷地内には、ヨーロッパの建物を模した、レストランやショップ、ホテルがあります。

バンダイナムコと提携して、新たなエンターテイメントとしてVR(仮想現実)体験センターを導入することが決まっています。

プログラムの内容は、不明ですが大人も子供も楽しめる内容になるそうです。

マカオフェリーターミナルやヘリポートのすぐそばに位置し、歩いても8分程度で到着します。

敷地内には、たくさんのレストランやショップ、ホテルやエンターテイメント施設が有ります。

散策するだけでも楽しい場所です。

 

カジノ王、スタンレー・ホー氏ってどんな人?

 

広東省出身のお母さんとオランダ出身のお父さんを持つ、

1921年生まれの実業家で、娯楽や観光だけでなく船舶、

航空、不動産、金融などを手掛ける、スゴイ人だそうです。

元々大富豪のご家庭だったそうですが、子供の頃に没落を

経験され、一から財産を築き上げたそうです。

一時期は、マカオの税収の3割程度を払っていたとの話もあります。

イヤーッ!私には別世界の出来事です。マカオには、

今でも、とんでもないお金持ちが居るんでしょうね?

 

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。